本科 区限刺ししゅう

4月から、刺繍教室に通うようになって、いろんなことがわかりました。

昨年から通い始めたプリュムドワさんでのスモッキング・コルヴベイユさんのレッスンでも感じたことですが、基本が本当にわかっていなかったなと。

「お裁縫は下手の長糸っていうのよ」と小さいころに母から教わっていたのに、スモッキング1段を糸替えなしで刺したいと思って、結局擦れて糸につやがなくなり、最悪切れてしまったり・・・。
自分で刺しながら、撚りがかからないようにするにはとか試行錯誤していましたが、ちょっとしたコツを教えていただいたおかげで、以前より美しく速く刺せるようになったり・・・。
基本て何事も本当に大切ですね。

将来はスモッキングを教えたいという気持ちはありますが、そのためにいろんな技法を習うことは決して無駄ではないと思います。
実は今までは、バリオンステッチやフレンチナッツも苦手で、あまり模様にいれたくないなと思っていましたが、そんな苦手意識もなくなりました。

これからもいろんな技法を学べるのが楽しみです。
憧れのハーダンガーも次のコースでは習えます♪

これまでに、仕上げた課題をご紹介します。
まずは、区限刺繍から。
クロスステッチもやったことはありましたが、今回基本から学べて勉強になりました。
b0159403_09420714.jpg



左上から時計周りに、クロスステッチ、ブラックワーク、スウェーデン刺繍、キャンバスワークです。
スウェーデン刺繍は、名前だけで、スウェーデンの伝統的な刺繍とは違うそうです(^^)
クロスステッチは額装に、ブラックワークはピンクッションとシザーキーパー、スウェーデン刺繍はクッション、キャンバスワークはカード入れです。


区限のあとはフリーステッチ。またこちらで紹介しますね。
[PR]

by summersilk | 2014-09-22 09:31 | 刺繍教室